確定申告

学ぼう確定申告!

税額と税額控除

投稿日 2014年6月04日 5:04 PM | 投稿者 しん

所得のある人は所得税を払う事が義務付けられています。その額は、収入に対して必要な経費を差し引き、更に所得税法で決められている所得控除を行い算出されます。その所得控除の中には、基礎控除の38万円や社会保険料、医療費、生命保険などの控除が有ります。それ以外にも地震保険や扶養控除、障害者控除等も有ります。これらの控除額を所得から差し引き、残り金額に合わせ決められた税率が掛けられ所得税が決まります。控除を受けるには、支払った証明となる書類が必要となる為大切に保管する事が不可欠と成ります。それに対して直接税金を減らす方法として、税額控除が有ります。これは算出された所得税に対して適用される控除項目が有る場合に、項目ごとに決められた額が控除されます。例えば、総合課税で配当所得がある場合に配当に合わせて基本、5%又は10%の控除が出来ます。又、海外での所得がある場合で、海外で所得に対して課税されてる場合も適用されます。他にも寄付金に対しての一定額の控除が有ります。政党寄付や認定法人への寄付、公益社団法人への寄付等が対象となります。それ以外にも多くの控除制度が有ります。節税を行なう為には、様々な情報を集め有効に活用する事がとても大切です。

コメントを受け付けておりません。