確定申告

学ぼう確定申告!

源泉徴収や予定納税額を控除

投稿日 2014年6月04日 5:05 PM | 投稿者 しん

ビジネス女性01会社員などの一般的な給与所得者の場合、所得税は1月から12月までの収入に対して課税されることになります。その際には給与としての収入のすべてが課税の対象となるわけではなく、給与所得控除や所得控除を給与収入から差し引くことが認められています。個人事業主や法人の経営者は業務をを行っていく上での必要経費が認められていますが、会社員などの一般的な給与所得者の場合にはこの給与所得控除というものが必要経費に該当します。また、所得控除に該当するものとしては、配偶者控除や生命保険料控除などがあります。確定申告や年末調整の際に所得控除を申告することでさまざまな控除を受けることができ、そのことが節税へとつながるので申告をする場合には漏れがないように注意が必要となってきます。
1月から12月までの給与所得から給与所得控除と所得控除をマイナスした金額が課税所得となります。課税所得に所定の税率を掛けた金額が所得税の納付額となります。また、金融機関の住宅ローンを利用している人の場合、税額控除という所得税の控除を受けることが可能となっています。税額控除の値に関しては年末における住宅ローンの残高のおよそ1%が限度となっており、その金額分を所得税額からマイナスすることが可能です。

コメントを受け付けておりません。